maxresdefault

USJのバックドラフトですが

壮大な演出の割には待ち時間も短いアトラクションですが(^_^.)

一部では怖さが気になって入れないという方もいらっしゃるみたいなので

お伝えしていきたいと思います♪

スポンサーリンク

バックドラフト(USJ)は怖いアトラクションなのか?

最近は”脱アメリカ映画”を掲げ飛躍的に成長したUSJ。

そんななかアメリカ映画が題材となったアトラクションの1つ。

それがバックドラフトなわけですが。

 

バックドラフトという映画の名前ではもちろんあるのですが。

言葉の由来というのがちゃんとありまして。

 

バックドラフト=火災時の酸素の逆気流現象が引き起こし大爆発する現象のこと

要は密室で火災が起きた時に、その扉を開けた時に

急激に酸素が大量に入る事で、その酸素を用いて

大爆発を招いてしまう。これが“バックドラフト”というものなのです。

 

実際のアトラクションでは3つの部屋に分かれており。

バックドラフトの説明から実際の映画のシーンをお客様に見ていただき

最後のお部屋ではバックドラフトを実際に体験してもらう

ウォークスルー型のアトラクションとなっております(*^^)v

 

もちろん、バックドラフトを起こすからと言っても…

そのお部屋全体を燃やしてしまう訳ではありませんのでw

ただ炎などがかなり激しく燃えるアトラクションではあるので

一部過激なシーンというのはございます(^_^.)

 

これを実際に体感出来るアトラクションとして非常に豪快です!

どうしてそんなに待ち時間が短いのか僕は不思議です!笑

スポンサーリンク

バックドラフト(USJ)の待ち時間について!

待ち時間については、バックドラフトは比較的回転率が良い為

そこまで長時間になる事は少ないです(*^^)v

日中でも大体

 

・平日ですと平均10~30分程

・土日ですと平均20~60分程

・繁忙期ですと平均40~90分程

 

ぐらいが大体の予想になるのではないでしょうか。

回転率の良さから相当待ち時間が伸びる。

というのはなかなか考えがたいアトラクションです♪

lgf01a201310230600

バックドラフト(USJ)のネタバレや怖くない場所について!

これについてはぜひアトラクションで見てほしいのですが一部だけ公開いたしましょう。

 

絶叫系のアトラクションでは無いとはいえ、最後の部屋で

かなり炎があがったり音があがったりするシーンが

3分ほど続くシーンがありますので、音や炎が苦手な方

まだ小さなお子さまは少し怖いかもしれないですね((+_+))

 

チャレンジしてみたい!という人には一番最初に【左】【真ん中】【右】

と、見る場所を選ぶことが出来るのですが。左を選びましょう。

左に行くと必然的に最後のシーンも一番上段で見る事が出来ますので

炎などがかなり近い位置にならないので比較的恐怖心も少ないでしょう(*^_^*)

 

「いや、わたしスリリングな場所で見てみたい!間近で体験したい!」

と言う方に関しては是非是非迷わず右のレーンから進みましょう♪

 

右のレーンに進むと必然的に最前列・間近で見る事が出来ます。

その分結構炎とかが暑いです。笑

 

後これは共通なのですがフィニッシュの時に、わたくしも毎回分かってるくせに

ビックリしてしまうのですが、最後のフィニッシュの時には

ガタン!

と床がちょっとだけ突如下がりますので気を付けて下さい。笑

スポンサーリンク

まとめ

これについては絶叫系のアトラクションではないので

絶叫系が比較的多いUSJですが、そんな方でも楽しんでいただけます♪

 

ですが、一部のシーンが非常に過激なシーンとはなっておりますので

上記を読んでみて怖いな…という人は決して無理はなさらないでください(^_^.)

 

ですが、本当に大体200人ほどが一斉にグループになって動くのですが

「え、この人数の為にそこまでしてくれるの?笑」

とある意味コストパフォーマンス面でも感激します。笑

 

ぼく個人としても、アメリカ映画を舞台としたUSJとはいえ

ここまで忠実にアメリカの映画というのを再現してくれているアトラクションというのは

バックドラフトを超えるものは今までまた見たことがないぐらいです。

 

実際上記のように場所さえ選べばお子様もちょっとびっくりはするかもしれませんが

大人の方ならば後ろから見れば大丈夫ですよ(#^.^#)♪ぜひ行ってみてください!

 

USJにはまだまだ素敵な場所がたくさんありますが、これ以外の記事についても絶賛公開中です!

当サイトは皆様のおかげで150を超える様々なUSJに関する記事を掲載中です!

下記よりそのほかの記事もぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク